セミリタイア セミリタイア前

最初にする事:セミリタイア後の生活をイメージ

更新日:

「リタイア」と言ってもアーリーリタイアとセミリタイアがあるようにセミリタイアを目指すと言っても人それぞれイメージしている生活は違うと思います。
また、リタイアする時期・保持している資産によってもイメージ通りの生活が簡単にできるのか、そうでないのか変わってきますよね。

そこで最初に必要なのは「現在の収入・支出を整理する」という事でした。
私の場合、預金が2,000万溜まったといっても意識して貯めたわけではなく、通帳を見て年間振り返って「増えていってるな」くらいだったので収入は給料でわかるものの月単位でどのくらい出費があるのかわからない状態でした。

1.どんな生活がしたいか

私の理想は

  • 預金を投資に回し配当金を得る。取り崩しは極力したくはない。
  • フルタイムの会社生活から抜け出し、やりたい仕事で足りない出費を補填。
  • 物価の安い海外生活で少しリッチな生活が出来れば。

ものすごいふわっとしていますが、うっすらでもイメージする事で実現する為に何を準備しなければいけないのか考えられるようになりますよね。
投資の勉強や「やりたい仕事」が出来るスキルや市場の需要、給与の相場、海外の生活費等、パッと思いつくだけでも準備をする為には様々な情報を集めなくてはいけません。
ただ明日仕事を止めてセミリタイアするわけではないので目標を立てて、必要な情報を地道に集めていけば大丈夫でしょう。

この時点で考えることも計画を立てることも億劫になるようであれば、いずれ考えるようになる投資のリスクよりも「自分自身が最大のリスク」なのでセミリタイアなどしない方が良いでしょう。

2.生活費を整理する

まず、生活費の支出を把握する為に、給与の振り込まれている口座の通帳等を用意し過去1年間の支出を書き出し確認してみました。
その結果がコチラ

  • 家賃 :75,000円
  • 食費 :27,000円
  • 光熱費:10,000円(ガス・電気)
  • 水道代: 3,000円
  • 通信費: 5,000円
  • 交際費:30,000円
  • 学習費:20,000円
  • 雑費 :30,000円
    合計 :190,000円

超ざっくりですが平均すると月間19万使っていました。年間にすると228万くらいの支出という事ですね。
なんとなく調べてみると独身にしては食費が少し多めなのと通信費は割と少ない様子。

仕事をせずに完全リタイアするには最低限上記の費用を毎月調達しなければならないってこと。
どこからともなく沸いてくれば良いのですがそんな都合の良い話はないので自分の生活スタイルを変えるプランと、投資・フルタイムではない労働で得られる収入イメージをする必要が出てきました。

3.リタイア後の支出は生活費だけではない?

無職になるとリーマン時代は給与から天引きされていた「税金」「保険料」等を支払わなくてはいけない。サラリーマンしていて天引きされていることを意識している人の方が稀なような気がしますが、どうなんでしょう。
ハッキリといって、この辺が現時点で目に出来る数字出ないのでイメージし辛い。
リタイア後の所得や免除を受けるか否かで大きく変わってくるので、自分の状況を確認して想定しておきたい。
私は下記サイトの前提条件に近い部分があったので参考にさせてもらいました。

退職翌年の住民税、年金、健康保険について全力でまとめたよ。

引用:ゆとりな人生ゲーム「年100万円生活」

特に国民年金はタイムリーな話題で私くらいの世代は「もらえない」という事はないものの減額・受給年齢が上がる等、考慮した上で決めていかなくてはいけませんね。
私は全額免除を選択したいころですが。。。

所得税

個人事業主は現状考えていない+年収103万円以内に抑える前提でいるので「0円」とという想定。
ざっくりと月平均8万稼いでも大丈夫、逆に8万上積みしても生活が成り立たないなら所得税を払うことになるってことですかな。

住民税

ざっくりと計算するには「課税所得×10%」と思っていればよいらしい。色々と調べてみるも結構計算がめんどくさい。
とりあえず、シミュレーションサイトがあったので、そこを使ってみると私の場合はセミリタイア翌年の支払い金額は
年間330,000円前後になりそう。

源泉徴収票とか給与明細を見直して、ちゃんと把握できるようにしておこう。

国民年金

免除をしなければ、月額16,000円くらいなので年間192,000円
セミリタイア後の翌年は全額免除にもっていくなら、年収の目安として単身世帯の場合122万という記事もあったし年収100万までで生活できる設計を考えておかないと。

国民健康保険

これまたシミュレーションサイトがあったので、そこを使ってみると年間500,000円
これはデカイ。。。

まとめ

まとめられないまとめ。
セミリタイア後に1,000,000円くらいの支出がある準備をしておかないと痛い目をみそう。
加えて、自分の知識の及ばない所が多々あったので、これは書籍とかも買って理解を深めておかねば。
退職本とかに書いてあるのかな。

-セミリタイア, セミリタイア前

Copyright© 40代でセミリタイア!!その前に… , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.